失敗しない塾選び!気をつけるポイント

目的に合った塾を選んだ方がいい

勉強は、小学校や中学校、高校などでもできます。でも学校で学べる内容には限度があります。又生徒の能力も様々で、学校の授業では物足りない子もいれば、ついて行けない子もいます。学校以外のサービスをうまく利用して、思い通りの学びをしていく必要があるでしょう。学校以外の学べるサービスとして塾があります。選ぶときの注意は、何のために行くのかの目的にあっているかどうかです。学校の勉強では物足りない子、よりレベルの高い勉強がしたい子なら進学をメインにカリキュラムを組んでいるところが良いでしょう。学校で学ぶ内容より先の内容をどんどん学べます。ついて行けない子は、学習補助タイプの塾がいいでしょう。個別に教えてくれるところなどなら自分のペースで勉強できます。

通いやすいかどうかを調べる

子供が塾に行くのは、学校の授業が終わってからです。通常は学校の授業は3時ごろに終わります。中学や高校ならクラブ活動があるため、5時から6時ごろにならないと学校を出られないときもあるでしょう。塾が始まるのは教室によって異なりますが6時から7時ぐらいのところが多いです。それから1時間から2時間近くの勉強をします。夏でも夜の9時となると真っ暗ですから、あまり通学がしにくいところだと困ります。まずは自宅から近いところで希望に合うところを探してみましょう。どうしても通学時間のかかるレベルの高い塾を利用したいときは、送迎サービスなどを確認しましょう。塾によっては、市内を巡回する送迎バスが利用できるところがあります。夜遅くても自宅付近まで送迎してもらえると安心です。

中学3年や高校3年の夏期講習を真剣に受講しておけば一気に学力が伸びるので、毎日10時間前後勉強をしておく事をおすすめします。